テーマ:

シオカラトンボ、ムギワラトンボ(シオカラトンボの若いオス、シオカラトンボのメス)

羽化して間もないムギワラトンボの色をしたシオカラトンボのオス ムギワラトンボの色をしたシオカラトンボのオス ムギワラトンボの色をしているが 腹部がほんのり白っぽくなったシオカラトンボのオス ムギワラトンボの色をしているが、腹部がさらに白っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セアカ型のアブラゼミ

セアカ型のアブラゼミを見つけた こちらは普通のアブラゼミ 左上のメスの方が、右下のオスよりもほんの少し赤褐色がかっているが セアカ型の赤さにはかなわない! この日、セアカ型のアブラゼミは1匹しか見かけなかったが その代わり、あちこちで交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アブ、ハチ捕る

アブ、ハチ捕る シオヤアブがフタモンアシナガバチを捕らえていたのだが 地上に降りたところで、クロヤマアリもハチにたかり始める シオヤアブ、ハチ・アリとともに去りぬ シオヤアブのメス、 オスと交尾しつつ、捕らえたシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水中を泳ぐイネミズゾウムシ

稲がすくすくと伸びている田んぼ、水の中を覗いてみると 変な虫が水中を泳いでいる どう見てもゾウムシにしか見えない (右上は水生昆虫のコマツモムシ) 正体は、外来種のイネミズゾウムシ 日本にはメスしかおらず、単為生殖をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波紋を起こすシマアメンボ、ミズスマシ

流れのある小さな川の水面が波立つ 波紋を起こしているのは小さな虫たちだった 正体は シマアメンボ 多くの個体は翅が無く、胴体はずんぐりとしているが アメンボの仲間だということはわかりますね みんなで流れに逆らって泳い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年で最後のヒロバネカンタンかな

ヒロバネカンタンのオスが鳴いていた 姿はカンタンにそっくりだが、鳴き方が違う カンタンの「ルルルルルルルル」に対して ヒロバネカンタンは「ルー・ルー・ルー・ルー」 オスもいれば メスもいた これぞ鳴く虫の女王カ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生きている化石、ムカシトンボの幼虫

前回のブログでヒラタドロムシの幼虫を見つけた渓流。 そろそろ帰ろうかな、と思って最後に水中の石をひっくり返したとき なんだか黒っぽいものを発見 これは! ムカシトンボの幼虫!! またまた30年ぶりの再会! (その間はサボっていただけ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

三葉虫を彷彿とさせるヒラタドロムシの幼虫

山あいのちょっとした渓流、 なんと30年ぶりの再訪(単に億劫がっていただけですが・・・) 水の中の石をひっくり返してみると いました、いました! 石の裏にぴったりとくっついている虫が 甲虫(カブトムシなど)の仲間、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋はやっぱりアキアカネ

数年前までは「アキアカネなんていくらでもいるよ」と、たかをくくって写真すら撮らなかったのに、 その後は激変して見るのも珍しくなっていたが、今秋はけっこう見かけるなぁ 秋はやっぱりアキアカネですね!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜂にそっくりの蛾

ハチにしか見えないけど・・・ これは蛾 種名 : ヒメアトスカシバ 尾部をしきりに葉っぱにすり付けるようにしていたので 裏返してみると・・・ 小さな卵を産み付けていた
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泥負虫 ドロオイムシ - イネクビボソハムシの幼虫

かじられた葉っぱの横に、虫のフンにしか見えない黒っぽい固まり よーく見ると、固まりの下に頭と足が!! 正体は、イネクビボソハムシの幼虫、通称「ドロオイムシ」だった ドロオイムシさんには、申し訳ないが ちょっと"ドロ"をおろしてもらった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑色のクビキリギス、褐色のクビキリギス

草むらで色違いのクビキリギスが縦列駐車(笑) 緑色のクビキリギス (触覚がなぜか短く切れてバッタみたいだが、本来は長い) 褐色のクビキリギス 成虫で越冬し、春になると"感電しそうな"鳴き声で鳴くクビキリギス(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毒虫注意: ツチハンミョウ

ツチハンミョウ (種名:ヒメツチハンミョウ) のオスを見つけた ずんぐりした体型に、ちょっと親近感を感じたりして・・・(汗;)(笑) 不用意に触っていじめたりすると、脚の関節から毒性の強いカンタリジンを含む体液を分泌し、 弱い皮膚につくと火傷の水ぶくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

路上で産卵するトノサマバッタ

アスファルトの路上にトノサマバッタ 何をしていたのかというと 産卵・・・ アスファルトのわずかな隙間の土中に卵を産んでいた もうちょっと左に移動すれば セイタカアワダチソウが咲く 土の地面がいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキの木

ただのクワの木ですが、よく見ると 葉っぱと同じ色をした虫が 幼虫もいました 産卵管があるのでメスですね もっとよく見ると あちこちに同じ虫が!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤いヒナバッタ

赤いヒナバッタを見つけた だからといって、この日は特別良いことがあったわけではなかった・・・あたりまえ(汗;)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナナフシギ

通勤先からの帰途、ナナフシを見つけた ナナフシのいた木 ナナフシギ ・・・ ではなくて、普通のソメイヨシノ(寒;) 触覚が短いので、種名「ナナフシモドキ」のようだ 空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワトンボ

カワトンボの姿を見ないと、春になった気分にならない(汗;)(笑;) ニホンカワトンボのオス(有色型) ニホンカワトンボのオスと産卵中のメス アサヒナカワトンボのメス やっと春の気分になった(笑;)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more