テーマ:植物

セイヨウタンポポと似て非なるニセカントウタンポポ(仮称)

春本番で道ばたで花咲くセイヨウタンポポ・・・と思っていたら ちょっと見ただけでは、すぐそばに咲くセイヨウタンポポと見分けがつかないが つぼみの周りの総苞がセイヨウタンポポと違って反り返っていない 総苞が反り返らないとなれば、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラシマソウ

ウラシマソウ、浦島太郎が釣り糸を垂れている姿にたとえて名付けられたという。 命名者のセンスに拍手ですね! 【注意】 ウラシマソウは毒草なので絶対に食べないように!!      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クサガメの子を見つけた

水草の間から、カメの子が首を出して休んでいた クサガメの子だった ここで繁殖しているのかな ンっ?! 水草は食虫植物のタヌキモだった・・・
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アミガサタケ

通勤の途中で見つけたシダの花・・・(ウソ) アミガサタケ 背広を着たまま何枚も撮影(笑) キノコらしくない傘を持つこういうキノコを見つけると 奥深き菌類の世界にも引き込まれそうになる・・・(笑)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルガモとオオアカウキクサ(アゾラ)

オオアカウキクサ(アゾラ)が水面をびっしり覆った水路で、 カルガモがお食事中 国産のオオアカウキクサ(絶滅危惧種)なのか、 同じアゾラ(Azolla)属の外来種(こちらは特定外来生物)なのかはわからないが、 こんなにはびこっていては、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花びらが12枚(以上?)あるカタバミの花

毎年恒例になってしまった・・・(汗;) 花びら(花弁)がたくさんあるカタバミの花 12枚、もしかしたら重なっていてもっとあるかもしれない 普通は5枚ですよね フツーの生きものの、フツーでない姿を見つけてばかりいる・・・(汗;) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キンラン、ギンラン

キンラン、 その向こうには・・・ ギンラン あいにくの曇り空の下でも、こうして 花を咲かせて迎えてくれたキンラン 清楚なたたずまいのギンラン 昨…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネコノコシカケ (笑)

[おことわり] 万一、真面目な話題を期待した人がいたらゴメンナサイ!(汗;) ・・・って、前々回のブログと同じ断り書き(大汗;) 切り株に、ネコノコシカケ!!・・・ (寒;) …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

珍鳥:クキツツキ?!(嘘です)

[おことわり] 万一、真面目な話題を期待した人がいたらゴメンナサイ!(汗;) 珍鳥、クキツツキ! 長い首、足指、尾、 そして冬場のシジュウカラ顔負けの、 一度つついたら"絶対に茎から離れない"クチバシ! 細身の背中には・・・…
トラックバック:2
コメント:18

続きを読むread more

都心の公園にキクラゲ

都心の公園の雨上がり、ヤナギの木の切り株には・・・ いろんなキノコが出てきているなぁ・・・ 濃褐色のキノコ、 プリプリしてやたら美味そう・・・(笑) と思って、キノコに詳しい方に尋ねたら ズバリ、"キクラゲ"でした! …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

カラスビシャク

田んぼのあぜ道で、カラスビシャクの花を見つけた ウラシマソウやマムシグサなどと同じ仲間(サトイモ科)だが、 周囲のスギナと比べるとわかるように、ずっと小振りだ 面白い姿ではあるし、塊茎は生薬に使われたりもするようだが…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

オッタチカタバミ

ひさびさに街なかの生きもののアップ。 都心の道ばたで見かけたカタバミ、 でも何だかフツーのカタバミとは違和感を感じる・・・(汗;) あっ! 違和感は、"茎が地を這わないで…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

トキワツユクサ (ノハカタカラクサ)の群生

サシバやカワトンボのいた渓流沿いの道、 白い花がたくさん咲いていた。 花や葉はツユクサに似ている・・・ 家に帰ってから調べてみたら、 トキワツユクサ (別名:ノハカタカラクサ) だった。 何と何と、昭和初…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

上野のお山のカントウタンポポ

東京、上野のお山に咲くタンポポ・・・ セイヨウタンポポ この周辺では当たり前のように咲いている帰化植物 セイヨウタンポポは、花のつけ根の "総苞外片"が反り返っている そのすぐそばで咲いていたタンポポ …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

またもや○枚(5枚超)花びらのカタバミ・・・

本来5枚の花びら(花弁)をつけるカタバミ(ウスアカカタバミ)が、 もっとたくさんの花びらをつけていたことを昨年11月4日のブログに書いたが、 今年の春も、またまた・・・ 真ん中の花は、6枚花びらだ 拡大図 こちらも6枚 …
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

シロバナタンポポ、そしてジシバリ

前回のブログのとおり、ヒバリを見ることが出来た自転車走り、 通り過ぎる道々は、あちこちでタンポポの花が咲いている。 ただし、どれもフツーのセイヨウタンポポ・・・ 我が家の周辺は、ほとんどセイヨウタンポポばかりなのだが、 そんな中で、見つけたのがシロバナタンポポ …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

カワモズク、そして水生昆虫 ― 小川に棲む生きものたち

前回、前々回のブログの田んぼの脇を流れる小川、 流れの中を緑色をしたものがゆらゆら・・・ カワモズクだった 緑色をしているが、寒天やところてんの原料となる テングサと同じ紅藻類だそうだ 小川のよどみの落ち葉をすくってみると・・・ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

サイカチ

葉っぱ1枚残さず落とした1本の木 根元付近には、何やら得体の知れないものがたくさん・・・ なんだか踏みこむのを躊躇したくなる・・・が よく見ると、サイカチの豆果だった 種…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ネモフィラ、正月から花を咲かせる

新年も明けて、いよいよ冬も本格的に・・・ と思ったら、ネモフィラが青い花を咲かせていた。 おいおい、本当の春はまだまだ先だよ(汗;) ジンチョウゲでさえ、やっと花芽が色づき始めたばかりなのに・・・ 今年は春の到来が早いのであろうか・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千本イチョウ@葛飾八幡宮

紅葉の季節になると、是非見てみたいと思う樹がある。 葛飾八幡宮の「千本公孫樹」だ。 本殿の向かって右手、鮮やかな黄色が目にとまる 落雷のため折れた太い幹を、たくさんの樹幹が囲んで まるで一本の幹のように伸びている。 いに…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

カタバミの花びらは何枚?

庭の片隅、ならぬど真ん中で堂々と咲いているカタバミ (単に手入れが悪いだけ(恥;)) あれっ?! 花びらが・・・ 6枚? 7、いや8枚? ??? 同じ株から咲いていたりする 普通は5枚でし…
トラックバック:3
コメント:14

続きを読むread more

ジョロウグモ & Others・・・

この季節、あちこちで見られるジョロウグモの巣 メスの上方にいるのは、小さなオス 下方には、見たことのない蛾・・・? イロハカエデの実だった・・・ ジョロウグモが網を張っていたのはこんなところ そして、その先には・・・ …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more