テーマ:動物

回転するアマガエル

前足の指がクモの糸に絡まって回転するアマガエル もがけばもがくほど高速回転するばかりだった よかったら動画でどうぞ   「クモの糸に絡まったニホンアマガエル、高速回転(動画)」
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハナガメ

街なかの池でミシシッピアカミミガメやクサガメが集まっている中に ハナガメがいた 甲羅や頭部の模様は他のカメとかなり違う スッポンまで加わって(写真上部) 街なかの池はいろいろなカメを見かけるなぁ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな亀が見られる春 ― カミツキガメまで見てしまった

春も本番、いろいろな亀が街なかのあちこちの池で見られるようになった ミシシッピアカミミガメ ミドリガメの大人になった姿が、 今や街なかでは一番ポピュラーになった 日向ぼっこ中のミシシッピアカミミガメでは 甲羅の脱皮をよく見かける オスのミシシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の夏、スッポンの夏

日本の夏は、街なかの池でスッポンをよく見かける季節でもある。 こっちを向いてまばたきしてくれたり、 スッポンって、けっこう"ブサカワ"だと思う
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒラテテナガエビ(ヤマトテナガエビ)

ヒラテテナガエビ(ヤマトテナガエビ)を見つけた ハサミ脚は長いだけでなく太くて立派! 見つけたのは流れのある小さな川の中 水の上では橙色翅型のアサヒナカワトンボが なわばりを張っていた
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アズマヒキガエルの産卵が始まった

ニホンアカガエルに続き、アズマヒキガエルも産卵が始まった 早々と産みつけられていた卵 街なかの大きな池の片隅での出来事だった 別の場所でもアズマヒキガエルが活発に動き出していた まだまだ寒い季節です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニホンアカガエル、産卵の季節に合唱

2月はニホンアカガエルの産卵の季節だ 「三段重ね」もあったりして・・・ すでに産みつけられていた卵 オスたちが合唱を始めた 良かったらニホンアカガエルの合唱をお聞きください 美声といえ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな蓑亀

「蓑亀は蓑亀でしょう」と思うかもしれませんが・・・ ミシシッピアカミミガメの蓑亀 右 : ミシシッピアカミミガメの蓑亀 左 : リバークーターの蓑亀 さっきのミシシッピアカミミガメの蓑ほどは完璧ではない 「なんか文句あっか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇の上で日向ぼっこをする亀

ヘビがいると思ってよく見ると、ヘビの上にカメが乗っかって一緒に日向ぼっこ ヘビが動き出した カメがずり下がってきた 少しずつ、ずり落ちていき 水に落ちた! また岸に上がろう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アオダイショウの出現に固まるシジュウカラ

柳の木にアオダイショウがいた どうやら鳥の巣を狙っていたようだ すぐ隣の木で営巣していたシジュウカラ、巣穴の前で 「どうしよう、どうしよう」 と固まっていた もう1羽も、エサをくわえたままで 「どうしよう、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニホンイシガメ、ミシシッピチズガメ

街なかの池、3匹のニホンイシガメが縦列駐車 近くにいたもう1匹のニホンイシガメ みんなで「餌くれー」と、 上を向いておねだり顔をしているのが いかにも都会育ちの感じ ニホンイシガメ(左)とミシシッピアカミミガメ(右) 違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アームウェービングするカナヘビ

カナヘビが"アームウェービング" (arm-waving) しているところに遭遇!! 前足の動きは、ウェービングというよりも、水泳のクロールみたい メスのアームウェービングに そばにいた尾が切れたオスもアームウェービングで応えていました …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

赤褐色のモリアオガエル

沼の水底から見慣れない赤褐色のカエルが水面に浮き上がってきた このカエルの正体は? ヤマアカガエルは体色が似ているけど足に吸盤はないし ニホンアカガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナヘビの卵、カナヘビの子

庭いじりをしていて土の中から見つけたカナヘビの卵 撮影後、再び戻しておいたが 3週間後 カナヘビの子を見つけた 見つけた卵から孵ったのだろうか 成長した姿も見せてほしいなぁ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トラ・・・

トラ・・・には違いない トラ・・・の親戚 顔だけでも 笑って新年を迎えましょう 今年も、細々と・・・ (古い写真ばかり(汗;))
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上野のお山で見たウミテング

東京、上野の「東京国立博物館」で開催中の特別展「皇室の名宝―日本美の華」で展示されている絵画・美術品には目を見張るばかりだ!! なかでも奇想の画家と称される伊藤若冲が描く、動物画に目が釘付け!! 老松白鳳図や動植綵絵の群鶏図、群魚図(蛸)・・・ あれっ? 群魚図(鯛) には、「ウミテング」 まで描か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

立派なモクズガニ

都会に残された緑の合間を流れる小川・・・ あれっ?! 流れの中を、カニが横歩きしていく! モクズガニだった かなりデカい! 鋏脚はフサフサした毛がびっしり生えていて 見るからに立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泳ぐアオダイショウ

池にかかる橋の上からカメを観察していたら、いきなり橋の下から・・・ 今まで何度もアオダイショウの泳ぐ姿をあちこちで見かけたが、 またまたお目にかかるとは・・・ そんなに泳ぐ姿を見せたいの?!(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クサガメの背中にハゼ

クサガメの背中に ハゼ (トウヨシノボリ) これはらくちんな移動手段だ ヨシノボリはコバンザメになった気分かな(笑) クサガメの甲羅にヒルを見つけて以来(下記参照)、 カメの甲羅が気になって仕方がない・・・ [ご参考] …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

轢かれたヒバカリ

【お断り】車に轢かれたヘビの画像を掲載していますこと、あらかじめご承知おきください。だったら公開するなと言われそうですが・・・(この種の断り書きは、何度か書いたことがあったなぁ(汗;)) 路上に見なれないヘビの轢死体・・・ (マンホールの蓋の先) アオダイショウやシマヘビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナマズ

夏になって水温が上がってくると、毎年のように見かけるのが・・・ ナマズ おいおいっ 暴れて地震をおこさないでね ・・・・・ なんか文句あっか?! (い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカハラガメ

先日、チズガメを見つけた池で、今度は2匹のアカハラガメを目撃してしまった・・・ 日本にいながら、外国産のカメを野外の池で普通に見かけることが出来るなんて グローバル化が相当進んだものだ・・・(皮肉;)  [ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメの甲羅にヒル

うへぇ! クサガメの甲羅に付いているヒルを撮影してしまった・・・(動画で)(汗;)  以下、動画からキャプチャーした画像をどうぞ どこにヒルがいるかって?! ここです! 体を縮めたり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チズガメ

チズガメが泳いでいた ミシシッピアカミミガメとは、模様が全然違う ミシシッピアカミミガメ(左下)と並んでくれたので比較してみてください ただし、写真のミシシッピアカミミガメのほうは、 普通のミシシッピアカミミガメとはちょっと違…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

クサガメの背中にクサガメ

クサガメの背中にクサガメ 右下のカメ 、そろそろ水に戻ろうとしたのか 何度も首を持ち上げていたが ・・・・・ あきらめたようだった・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオダイショウがこっちに向かって泳いでくる

道行く人がみんな 「キャ~、不気味~!」 といいながら、 それでも目を輝かせ、首を伸ばしてのぞき見ていく・・・(笑) アオダイショウがいた アオダイショウを見た人の反応は様々・・・ 若いお母さん、「初めて見たわ」 (そういう方もいらっしゃるのですね) 年配の女性、「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

亀戸天神社の御神牛

明けましておめでとうございます。 今年は丑年ですね。 と、いうことで・・・ 菅原道真公をお祀りしている "亀戸天神社"の「御神牛」 えっ、何故、天神様に牛かって? 菅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more