カラスがあさるもの・・・


朝のゴミ集荷場所、
カラスが2羽、対策用ネットからはみ出したゴミをあさっていた



画像


いつもなら、ヒトの姿を見ただけで逃げてしまうのに






画像


この日は夢中になっていた






画像


カラスが夢中になっていたのは

美味しそうな炊き込みご飯のレトルト素材だった






画像


共食いだった・・・
(別種ですが(笑))






画像


高級そうなフルーツはお気に召さなかったようだ

柿の実はねぐらに持ち帰っているようだが・・・





ゴミをあさるカラスたち、
やっぱり好き嫌いがありそうですね

食べないものは、振り回してちらかしたりするので、
現場は人間にとって迷惑な状態に・・・
(ノラネコは喜ぶかもしれない(苦笑;))



目もいいし、学習能力もあるので、
一度いい思いをすると再び繰り返すようだ

ゴミ袋を出すときは、生ゴミが見えないようにして
せっかく用意したのだから対策用ネットの中に収めないと・・・


カラスの害はやはり
ヒトが原因を作っているのかもしれない・・・



この記事へのコメント

2006年10月22日 12:07
その通りです。人間がカラスをはびこらせない仕組みを作るべきだと思います。でもカラスって人里離れた山の中にも結構いますよね。やがて地球の鳥はすべてカラスになってしまうのではと思う事があります。地球の動物が人間ばっかりになってしまったように。
2006年10月22日 19:56
あぶさま、ハシブトガラスの英名は「jungle crow」、本来は森の住人だったのですね。コンクリートジャングルに進出してみたら、好物は捨てられてるし、天敵は少ないしで、天国だったのかも・・・
地球から人類がいなくなった頃には、カラスが進化して「カラス天狗」になっているかもしれませんよ(笑)
2006年10月23日 00:01
元々カラスの住処を奪ったのは人間ですからね。
上手く共生できる道があると良いのですが。
2006年10月23日 01:10
TAKEさま、私もそう思います。
これってなんだか
「風の谷の○○○○」みたいですね(笑;)
2006年10月23日 08:13
私の所では、ネット等無いですが、カラスの被害は有りません。
どうも、ヒヨドリ・オナガが多い所為のようですけど・・・。
2006年10月23日 22:19
fujioさま、カラスよりヒヨドリ・オナガのほうが強いのですか(笑)
10/21にアップしたシーンは確かに強かったけど(笑)
ゴミ集配の時間帯の違いなどでもずいぶん被害状況が変わると聞いたことがあります。やはりカラス対策を講じるには彼らの行動を把握することですかね。ネットがあってもかぶせないのは論外。

この記事へのトラックバック