MatsumaLog

アクセスカウンタ

zoom RSS ベニイトトンボの産卵

<<   作成日時 : 2009/07/26 22:45   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3




画像


ベニイトトンボの産卵に遭遇






画像


オスは、産卵するメスの前胸部を

尾部付属器でつかんで直立

"見張り"をしているところといわれている






画像


こんな姿勢を続けていて、よく疲れないなぁ






と、思っていたら・・・







画像


目の前の茎につかまった(汗;)






画像


クモの糸につかまった(汗;)




やはり、直立を続けると疲れるのかな(笑)




ベニイトトンボ、環境省レッドリストでは、

 絶滅危惧II類(Vulnerable, VU) (絶滅の危険が増大している種)

に指定されている



ここにいるなんて、思ってもみなかった場所でのベニイトトンボとの遭遇

来年もあざやかな姿を見せて欲しいなぁ!!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
オオシオカラの産卵をずっと見ていたら・・・、
ホバリングに疲れたオスが休んでいる姿を散見しました。
「お前も疲れてるのか」思わず同情してしまった自分が少し情けなかったです・・・。
ベニイトトンボ、珍しいようですね。その場所は非常に環境が安定している所なのでしょう。こういう場所が常に保全され続けることを願わずにいられません。
あぶ
2009/07/31 03:12
あぶさま、私は"お疲れモード"が人だけでなくトンボもあることに、むしろホッとしました(笑)
「こんなところにもいるの?!」というくらい驚いた場所、それだけに誰もが見過ごして、知らないうちに生息地を狭めてしまう可能性(危険性)もあるのかもしれないですね。ここを管理されている方に伝えたところ、かなり関心を持っていただけました。
matsumaru
2009/08/01 05:50
脚光を浴びればまだいいですが、知らないうちになくなってしまったと言うのが自然破壊の多くのパターンではないでしょうか。matsumaruさんの様な草の根のコミュニケーションには頭が下がります。
あぶ
2009/08/01 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベニイトトンボの産卵 MatsumaLog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる