MatsumaLog

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤナギの枝にヒヨドリがいる

<<   作成日時 : 2009/03/23 22:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2



ヤナギの枝にヒヨドリがいる
だからって、ヒヨドリヤナギとは言わない・・・(ネタ古すぎ;)




画像


何をしていたかというと・・・






画像







画像







画像







画像


風に吹かれてゆらゆら揺れる枝につかまり

よってたかってヤナギの芽を食べているところだった(汗;)




ヒヨドリたちは風邪でもひいていたのかな?(ウソです(笑))

(ヤナギには解熱・鎮痛作用のあるサリチル酸が含まれており

これがヒントになってアスピリンが合成開発されたそうな)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも身近に居る鳥の生態が楽しく分かりやすいわ。
ヒヨドリ達が大勢で押しかけたら、ヤナギの芽が伸びなくなりそうね。
ヤナギが風邪薬に含まれるアスピリンの原料とは知りませんでした!
yurika
2009/03/24 23:35
yurikaさま、身近すぎのフツーの生きもの記事ばかりですみません(汗;)
アスピリンについて補足すると、ヤナギに含まれるサリチル酸を改良して使いやすくするために完全に化学合成された薬なんだそうです(あわてて調べた(汗;))
matsumaru
2009/03/25 22:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤナギの枝にヒヨドリがいる MatsumaLog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる