MatsumaLog

アクセスカウンタ

zoom RSS オナガガモ、鼻から噴水? ふたたび・・・

<<   作成日時 : 2007/11/28 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12



2006/11/10のブログで、「オナガガモ、鼻から噴水?」という記事を書いたが、
今年は別の場所で、「鼻から噴水?」をしているオナガガモを目撃!



画像








画像








画像


(画像を拡大)


えっ、噴水は鼻からではないじゃないかって?

ス、スミマセン、鼻からでないのは重々承知、

以前、「鼻から牛乳」って歌があったもので・・・(汗;)






もしかして、去年目撃したのと同じカモかも、と思い

画像を見直してみた







画像


(去年の画像)






画像


黄色:鼻孔(汗;)、 水色:噴水を上げていた穴

クチバシの先に何らかの損傷を負い、そこから水が出てきていたようだ





画像


ピンク:クチバシの先端に傷跡が残っている






画像


今年目撃した個体のクチバシ

やはり、穴を確認(水色)、そして先端の傷跡(ピンク)は、

昨年の個体のものよりも鋭角的


どうやら去年とは別個体のようだ





飛来地や渡りの途中に待ち受ける幾多の困難を乗り越えて

オナガガモをはじめ、渡り鳥たちは

はるばる日本にやって来ているのかもしれないですね!




[ご参考]
  オナガガモ、鼻から噴水? (2006/11/10)
  http://matsumalog.at.webry.info/200611/article_10.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
同じようなところに傷が出来るもんですね。幼い頃につくったのでしょうか。
マイ野鳥図鑑
2007/11/29 06:52
餌採りから羽繕いまで、嘴の先は大活躍していますね。それゆえ、傷つきやすい場所なんでしょう。
濾し取る前に漏れてしまうのでは、効率が落ちますね。それでも生きていくたくましさは備えられているんでしょう。
印旛沼近くの公園の池には、片足がまったくきかないオオバンがいました。
メンバラ
2007/11/29 08:21
こんにちは♪
クチバシって結構堅いですよね?
それに傷がつく・・・いったい何があったのでしょう。。。
かわいい顔しているのにたくましいのですね〜。
私の鳥さん達を見る目が変わってきそうです。

2007/11/29 11:31
こんな細かいところまでよく気が付くと感心します。
大人しそうですが、嘴が欠けるくらい気の荒い一面もあるんでしょうかね?
あぶ
2007/11/29 12:52
鋭い観察力に、感心しきりです。
争いの武器は嘴ですから、傷が付く個体も多いのでしょうね。
fujio
2007/11/29 19:57
私はクチバシの先が割れた
ヤマショウビンを見たことがあります。
カモに限らず鳥はクチバシが傷つくと
生きていけるのか心配ですよねえ。
通信使
2007/11/29 20:45
マイ野鳥図鑑さま、いつ頃、どうして傷ができてしまったのか、尋ねても答えは返ってきませんが、他のカモたちと同じように暮らしています。
matsumaru
2007/11/29 23:22
メンバラさま、おっしゃるとおりいろいろな使い途のあるクチバシだけに、野外では想像以上にいろいろなことが待ち受けているのかもしれないですね。私も以前、足を痛めたメスのバンが子育てしているたくましさに感動をしたおぼえが!
matsumaru
2007/11/29 23:41
智さま、野外では何が待ち受けているのか・・・たくさんやって来るもので、普段あまり真面目に見ていなかったフツーのオナガガモもドラマを背負って飛来してきたことを感じますね!
matsumaru
2007/11/29 23:49
あぶさま、酷使?、ファイト?外敵のせい? いろいろな場面を想像してしまいますね。今までだったら見過ごしていたフツーのカモなんですが、改めて見直してみると興味が深まりそうです。
matsumaru
2007/11/29 23:53
fujioさま、オナガガモもよく突っつき合いを見ますものね(笑) それでも穴が開くというのはよほどのことがあったのだと、気になる姿でした。
matsumaru
2007/11/30 00:00
通信使さま、クチバシは鳥にとって生きるための重要なアイテムですからね。幸いここに載せたオナガガモは他のカモたちと一緒にやっていけそうです。
そういえば、ホームページに載せたクチバシのかけたカラスに最近会っていないなぁ・・・おそらく、他のカラス以上にたくましく(図々しく(苦笑;))やっているとは思うのですが・・・
matsumaru
2007/11/30 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
オナガガモ、鼻から噴水? ふたたび・・・ MatsumaLog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる