MatsumaLog

アクセスカウンタ

zoom RSS 街なかの池でオナガガモ、ウミネコの足環を追う

<<   作成日時 : 2007/11/24 08:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6


街なかの池、足環を装着している鳥を見ることがある。
デジカメは、足環を撮影して画像から記号を識別するのに威力を発揮する(ハズ)




その1: オナガガモ メス



画像


広場にいたオナガガモ






画像


右脚に足環をつけていますね






画像


ちょっと攻撃的(汗;)






画像







画像


足環をちょっと拝見

上下逆さまに装着

(一番重要な最下段の情報が摩耗で読めなくならないように
逆さまにしていることがあるそうだ)






画像


            画像を拡大して

             1行目 「・・・HO 」
             2行目 「・・・/(?)PAN 」 → 「JAPAN」ですね
             3行目 「・・・86436」

              (3行目先頭の8はかろうじて判別)





画像


            角度を変えて撮影

             垂直方向 「III(?)FORM」 → 「INFORM」 ですね
             1行目  「KANKYO・・・」 → 「KANKYOCHO」かな
             2行目  「TOKYO ・・・」
             3行目  「10A・・・」





画像


            貴方の足環番号は

              INFORM
              KANKYOCHO
              TOKYO JAPAN
              10A86436

            でよろしいでしょうか






その2: オナガガモ メス



画像


池のほとりでボーッとしている・・・

これはシャッターチャンス!(足環の・・・(汗;))






画像


            この個体の足環はそのままの向きで読める

             1行目 「KANKYOCHO 」
             2行目 「TOKYO JAPA・・・ 」
             3行目 「10A97・・・」





画像


             1行目 「・・・HO 」
             2行目 「・・・PAN 」
             3行目 「・・・97814」





画像


            貴方の足環番号は

              KANKYOCHO
              TOKYO JAPAN
              10A97814

            ですね




画像


あれっ? どこ行くんだ!?(汗;)

(撮影時点では、すべての足環記号を
写せたか、わからないので大慌て・・・)






画像


エサ撒きにつられたのだった・・・(大汗;)







その3: オナガガモ メス



画像


ケンカ (汗;)

左のカモの左脚に足環






画像


             垂直方向 「INFORM」
             1行目  「KANKYOC・・・」
             2行目  「TOKYO JA・・・」
             3行目  「10A9・・・」





画像


               「・・・796」

             垂直方向 「INFORM」
             1行目  「KANKYOCHO」
             2行目  「TOKYO JAPAN」
             3行目  「10A9?796」

             3行目アルファベットの後ろは5文字の数字のはずなので
             あと一文字足りない・・・(困;)





画像


この写真の足環を思いっきり拡大






画像


               「・・・99・・・」が読めた!!

            貴方の足環番号は

              INFORM
              KANKYOCHO
              TOKYO JAPAN
              10A99796

            でしたか(ホッ)





その4: ウミネコ



画像


右脚に足環をつけている






画像


これはユリカモメ・・・だが






画像


ユリカモメを撮っていたのではなくて

ウミネコの足環を狙っていた(汗;)

(しかも、末尾が「9」しかわからず・・・)






画像


             1行目  「KANKYOC・・・」 → 「KANKYOCHO」
             2行目  「TOKYO JA・・・」
             3行目  「9A28・・・」





画像


             1行目  「・・・OCHO」
             2行目  「・・・APAN」
             3行目  「・・・8819」





画像


            貴方の足環番号は

              KANKYOCHO
              TOKYO JAPAN
              9A28819

            ですね


       この池も、一時期(初秋)まったく姿を見せなかったウミネコたちの中で、
       ここを"ふるさと"(*)と思ってか、再び舞い戻ってきたのでしょうか!

         * ご近所の動物園にいたこともある"保護放鳥"の1羽



                    そればかりでなく・・・





画像


ドバトとケンカをして、

しかも負けてしまったのも

貴方ですね!!(笑)






画像


「チィ〜〜ッ! 足環のせいで

ハトより弱いことがバレてしまったじゃないか!!」


と嘆いていたかは定かではない・・・










以前(2007年4月6日)のブログにも掲載したが、野鳥の足環情報を
つきとめるのは容易ではない。

また、足環装着が鳥にとってストレスになっていないかとか、
足環が写っていた時の写真の作品的な価値観など、
考えることがあるのも否定できない。

それでも顔つきだけでは個体識別が困難な鳥たちの
 年齢、生息地、移動距離、行動
などの生態を知り、鳥たちの"将来"を考えていくための
重要な情報源になっていることは確かだ。


街なかに飛来する鳥の足環のデジカメ撮影、

得られた情報が不十分な場合、今度は識別依頼先の方が
苦労することになるので、足環の仕組みを理解して、
十分量の情報を入手しようとすると、なかなか思うようにいかないが、

それでも野山に比べればはるかに情報を得やすく、
ましてや再捕獲や偶然死体を発見・回収に頼る方法に比べれば、
情報入手の確率は非常に高いことは確かだろう。


このブログに掲載できないような画像の山も出来ますが(汗;)
それも楽しみの一つにして(笑)
皆さまもチャレンジなさってみてはいかがでしょうか!

鳥の足もとばかり狙う、変な人と思われるのを覚悟で・・・(苦笑;)




[足環の仕組み、足環情報の依頼のご参考]

  財団法人 山階鳥類研究所
  http://www.yamashina.or.jp/ (トップページ)

  Japanese > 足環のついた鳥を見つけたら >

    ・足環のついた鳥を見つけたら (足環回収の報告方法)
    ・足環 (足環の仕組み)
    ・フラッグの付いたシギ・チドリ類を見つけたら (カラーフラッグ観察の報告方法)



[おまけの参考]

  足環画像でどこまで足がつく? ウミネコ・オシドリ (2007/04/06)
  http://matsumalog.at.webry.info/200704/article_6.html

  MatsumaRoom分館
  http://homepage3.nifty.com/matsumaroom/
   MENU→鳥やしき→特集:足環で鳥の足がつくか (一番下 (汗;))



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オナガガモ・ウミネコの足環情報から
ホームページMatsumaRoom分館、そして11月24日のブログに登場した、 街なかの池の足環をつけたオナガガモやウミネコ、 山階鳥類研究所 標識研究室の方より、足環の解読情報を いただきましたので、おおまかなところを報告いたします。 ...続きを見る
MatsumaLog
2007/12/03 00:07
帰ってきたウミネコ
秋口になると、街なかの池からすっかり姿を消していたウミネコだったが、 久しぶりに聞く鼻の詰まった猫のようなニャーニャー声!! ...続きを見る
MatsumaLog
2008/10/22 03:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ウミネコの会員番号「9A28819」さんは、毎朝のように決まった場所にいますね。「おお、足環付けてる」と撮り始めると……「またコイツかぁ」となってしまいます。
ほぼ同じ場所に「環境庁」と漢字で刻印があるウミネコさんがいますが、足環の材質がステンレスではなく、黄銅のような色合いで、刻印が浅くて読み取れません。携帯番号のように「09」で始まる番号です。
ひょっとして、matsumaruさんのHPで解明できていましたっけ? あとで見てみまーす。
メンバラ
2007/11/24 19:15
興味深く読ませていただきました。
足環装着については、いろいろ考えることも
ありますが、こんな情報が共有される
ことが大切なのでしょうね。
通信使
2007/11/24 19:52
メンバラさま、このウミネコは常連もいいトコかもしれないですね(笑)
漢字の足環のほうは、途中の724と末尾の7が読めたほうの個体ですかね?先頭の番号を私には見せてくれません・・トホホ(汗;)
matsumaru
2007/11/25 01:17
通信使さま、考えることは多々ありますが(汗;)、貴重な情報を生かして鳥さんたちのことを考えることも、考えることの1つなのかなぁと考えようと考えています(日本語が怪しい(汗;))
それにしても、鳥見を始めると、昆虫のほうの整理が・・(大汗;)
matsumaru
2007/11/25 01:25
足環の情報が何処まで活かされているんだろうって、疑問に思う事が有ります。(私が知らない所で活かされているとは思いますが・・・。)
バンディングをした人は、責任を持って追跡しているんでしょうかね〜?。
matsumaruさんのように、バンディングした人以外に情報を読み取っている人って、少ないと思いますので・・・。
かすみ網による捕獲・足環のストレスと調査の成果・・・・。
ウ〜ン!、難しいですね〜。
fujio
2007/11/25 19:25
fujioさま、たしかに私自身、"かすみ網"というと、網に翼がからまった姿や、ツグミがここまで減少した"昔の乱獲時代の負のイメージ"が浮かんできてしまうのは、私も年をとったせいかな(汗;)
再捕獲や偶然の死体発見に頼っていた頃に比べ、デジカメというもっと手軽なアイテムが出来たのだから、これを利用しない手はないですね。
バンディング自体は"手段"、つまらないと思っていた(苦笑;)、"フツーの鳥"のデジカメ撮影に"楽しみ"を感じながら(笑)、識別による生態の把握を活かした鳥の保護という"目的"が達成できるといいですね!
matsumaru
2007/11/26 04:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
街なかの池でオナガガモ、ウミネコの足環を追う MatsumaLog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる