MatsumaLog

アクセスカウンタ

zoom RSS ツチガエルに捕まったツチガエル(共食い・・・)

<<   作成日時 : 2007/09/01 03:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14



[おことわり]タイトルにあるように、私自身、ちょっと(かなり)衝撃を受けた
シーンだったので、それを理解された上でご覧になられるか判断されますよう、
予めおことわりとしてお伝えしておきます・・・



エッ!? ・・・・・・




画像








画像








画像








画像








画像





前回のブログに登場した小さなツチガエル

ちょっと目を離したすきに、ジャンプした先が

偶然にも大きなツチガエルの目の前・・・


ここに大きなツチガエルがいるとは、直前まで私も気づかず、

大小並んだ姿がかわいらしかったので

三脚を立ててカメラを向けた矢先に・・・




自然の中では、何が起こるかわからない・・・

"同じ種類どうし"での出来事だったのが、なおさら衝撃だったが、

もしヒトどうしがこのような状況におかれたとしても、

ヒトには同種を認識出来るだけの"知能と理性"がある!!


ブログ記事としてアップすべきか悩んだものの、

改めてそのことを感じたシーンだったので・・・




(1枚目は、飛びついた瞬間ではなく、その後に振り回して

向きを変えるような仕草をしていた場面です)




[ご参考]
  森の池や渓流で見たカエル (2007/08/31)
  http://matsumalog.at.webry.info/200708/article_31.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃー・・・すごい!!
こんなことがあるのですね。
たまたま飛んできた獲物を、本能がガブリという感じなのでしょうかねぇ
本人、何を食べているのか、認識してないとか・・・・
昔、トンボが共食いしていたのを見た事がありますが・・・・
衝撃的写真ですね。
のんびり猫
2007/09/01 08:34
怖いもの見たさに・ギェッ・・・
メスカマキリに食われるオスなのでしょうか・・・
薩摩節
2007/09/01 09:32
おおおっ!こんな展開だったとは!?
カエルも、口デカイですもんねぇ。この大きさを丸呑みしてしまうとは・・・
POPO
2007/09/01 09:34
これまた「自然の摂理」ですねぇ。動く小さなものを捕らえるのは本能なんでしょうが、これほど大きなものなんだから、識別は付くだろうになぁ……。骨も消化分解出来るのか、心配になってしまいます。
メンバラ 
2007/09/01 13:44
こんばんは。
これが自然界なのでしょうが、
でもまさか、同種類とは。。。^_^;

2007/09/01 20:39
昨日の段階では、野鳥が来て攫って行ってしまうのかと思ってましたが、
なんとも恐ろしい結果が待っているとは思いも寄りませんでした。
akane-man
2007/09/01 23:10
のんびり猫さま、神話の世界の中にはお話としてあるものの、いざ現実世界で目の当たりにすると、カエルに対する見方も変わってきます。
matsumaru
2007/09/02 01:03
薩摩節さま、オタマジャクシからカエルになったばかりと思われるものだっただけに・・たくさんの卵を産んでひと握りのものだけが無事に成長できる・・私たちの気づいていないところで起こっていることなのかもしれませんが・・
matsumaru
2007/09/02 01:06
POPOさま、大きい口が、まさかこのような場面につながるとは思っていませんでした・・・
matsumaru
2007/09/02 01:09
メンバラさま、しきりに振っていたのは、足(の骨?)がつっかえたような感じになっていたためと考えられました。
この後、渓流に飛び込んでいったので、消化されるのか、ペリットのように残すのかまでは把握できていません。
matsumaru
2007/09/02 01:11
智さま、そのカエル自身が、ヘビやサギ、モズなどに捕まるのことになる場合があるのですが、やはり同種類でというのが、どうしても引っ掛かってしまいます・・・
matsumaru
2007/09/02 01:13
akane-manさま、自分もまさかこのような結果が待っているなんて、思いもよらずに前回のブログの場面では小さいカエルの写真を撮っていました・・・
matsumaru
2007/09/02 01:14
こんな衝撃的な結末は予想しませんでした・・・。まさに筋書きの無いドラマです!
私の飼っていたヒメツメガエルは共食いこそしませんでしたが、動くものは何でも噛み付きに行ってました。横腹を噛まれたカエルは可愛そうでした。
あぶ
2007/09/03 23:52
あぶさま、筋書きの無いドラマ・・確かに!
水たまりのオタマジャクシの数を見れば、これがすべて大人のカエルになったら生きものたちの食料事情を考えるとこれもまた大変なので、おそらく人目にすることのない所では少なからずあるのでしょうが・・・(汗;)
matsumaru
2007/09/04 00:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツチガエルに捕まったツチガエル(共食い・・・) MatsumaLog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる