MatsumaLog

アクセスカウンタ

zoom RSS カイツブリの親子、オオアカウキクサの池で・・・

<<   作成日時 : 2007/08/14 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14



前回のブログで、ほとんどネタバレですが・・・(大汗;)




画像


カルガモの前に現れた、カルガモでない雛たち・・・







画像


「おいおい、そっちじゃないよ!!(汗;)」

カイツブリの親が雛を呼び止める







画像


あっ、雛は4羽でしたか!

親鳥はどこへいったのだろう・・・







画像


突如、水中から現れて







画像


「さぁ、お食べ!」







画像


雛しかいないように見えても







画像


オオアカウキクサびっしりで暗いだろうに、

カイツブリの親は、水中から我が子をしっかり見ているのかな!?


って、1羽の雛は画面から消えている・・・(右方にはみ出し)(汗;)




オオアカウキクサで真っ赤になった池で、

カイツブリの親、子育てに奮闘中!!




[ご参考]
  ただのカルガモ・・・ (2007/08/13)
  http://matsumalog.at.webry.info/200708/article_13.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと遠いですが、不思議な写真ですね。
潜って現れる親鳥は、池の事知り尽くしているのでしょうね!?
POPO
2007/08/14 07:34
なんか水面ではない様な光景ですね。
オオアカウキクサ??見たことありません。
こんなに殖えて、水面下の生き物に影響は無いのかなー
のんびり猫
2007/08/14 11:26
オオアカウキクサですか、池を真っ赤に染めていますね。カイツブリの親子が、このような凄い場所で生活しているのを見てビックリです。
人間が嫌がる場所を選んで、ここなら安全パイとばかりに生活をしているのかもしれませんね。
庭花
2007/08/14 15:14
このオオアカウキクサ、そう言えば何処かのお城のお堀を埋め尽くしているのを、TVで見ましたよ。
カルガモの餌にはならないんでしょうかね〜。
fujio
2007/08/14 16:11
オオアカウキクサなるもの、初めて知りました。びっしり広がって見た目にはキレイですが。圧倒するような広がりには不安も出てきますね。
マイ野鳥図鑑
2007/08/14 18:25
今日、このオオアカウキクサを見ましたよ。まるで、アンツーカーの助走路のようでした。
カイツブリ親子の姿を見たいのですが……
メンバラ
2007/08/14 21:11
こんなにびっしり水面を覆われていたら、本当に水中は暗いでしょうね。
それでも親はちゃんと餌を捕らえて来てヒナに与えてるんですから感心させられます。
いずれの日か、ヒナが自分で餌を捕るところを拝見したいものです。
akane-man
2007/08/14 23:06
POPOさま、カイツブリの親鳥、雛がどんどん移動しても、ちゃんと魚をくわえて雛の前に現れるのはさすがですね!!
視力?聴力?・・・フォースを感じてではないとは思いますが(スターウォーズ・ネタとは古い!(汗;))
matsumaru
2007/08/14 23:43
のんびり猫さま、日本産のオオアカウキクサはレッド・データブック絶滅危惧2類に指定された希少植物らしいそうですが、一方で、外来種のほうは特定外来生物に指定されたとのことで扱いに差が! これはどっちだろう・・・つい先日、複数種が入り込んでいる場合もありうると聞いたばかりで・・真面目に調べようか・・(汗;)
matsumaru
2007/08/15 00:28
庭花さま、オオアカウキクサは、田土に鋤き込んで緑肥として利用することもあるようです。
この場所、以前はこんなにはなっていなかった(証拠写真あり(笑))・・近所の菖蒲田や水路にもたくさん生えているので、もしかして人為的でなければ水鳥にくっついて・・(汗;)
matsumaru
2007/08/15 00:48
fujioさま、カルガモのエサになっていたら、おそらく冬のヒドリガモくらいの大集団になってくれて、ブログの記事に困らないのですが・・(汗;)
オオアカウキクサはシダ植物の仲間、あんまり美味しくないのかな?
matsumaru
2007/08/15 00:54
マイ野鳥図鑑さま、みなさんのコメントは、カイツブリやカルガモよりも圧倒的にオオアカウキクサのほうですね・・(苦笑;)
緑肥に利用されるくらいだから、窒素分で富栄養化みたいになって水質が変わる可能性も考えられるかな、水中も陽が届かないだろうし・・(汗;)
matsumaru
2007/08/15 01:01
メンバラさま、オオアカウキクサの上で、テニスや陸上競技はしないように!(笑)
カイツブリ、街なかでも郊外でもあちこちで繁殖を確認しているので、今すぐは難しくても、必ず見られると思いますよ!!
matsumaru
2007/08/15 01:07
akane-manさま、以前、赤潮の海中を潜水した時のことを思い出しました・・赤潮の中は視界ゼロ、その先は、昼からナイト・ダイビング(笑)
水中ライトもないのに、親カイツブリは魚を捕ったり、ヒナを探し当てたり凄いですね!!
>ヒナが自分で餌を捕るところを・・・ここも通わなければならなくなる(大汗;)
matsumaru
2007/08/15 01:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
カイツブリの親子、オオアカウキクサの池で・・・ MatsumaLog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる