MatsumaLog

アクセスカウンタ

zoom RSS スケバハゴロモの幼虫と成虫

<<   作成日時 : 2006/08/19 20:51   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 5


スケバハゴロモの幼虫が2匹。


画像


  「そこをどきな」

  「そっちこそ」

なんて言いあっているかどうかはわからない・・・





こちらでは、幼虫と成虫のご対面


画像


  「あなたいったい誰?」

  「大人になった姿だよ」

なんて言いあっているかどうかはわからない・・・





見つめ合い


画像



  「君も大人になったらこうなれるんだよ」

  「いやよ、今のままでいいわ」

なんて言いあっているかどうかはわからない・・・





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スケバハゴロモ
スケバハゴロモ(透羽羽衣)・・・名前ストレート過ぎ!! ...続きを見る
MatsumaLog
2007/08/28 01:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
スケバハゴロモの食草をご存知でしょうか?
スケバはいつもオオブタクサにとまっているところしか見たことがないので、個人的にはオオブタクサが怪しいと思うんですが、いかがなものでしょう?
くろねこ
2006/08/19 21:19
くろねこさま、ようこそいらっしゃいませ。

掲載の写真は、カナムグラについていたものです。
アジサイについているのも証拠写真あります(笑)
オオブタクサは真面目に探していなかったので
情報に感謝です!!

四半世紀のブランク前(笑)に購入した図鑑(*)では、
オウトウ(桜桃)、キイチゴ、ブドウ、クワなど
との記載があり、ネット検索でも同様の表現が
多いですね。
おそらく私の手元の図鑑同様、1945年(!!)に
現在の愛媛大学に昆虫学研究室を開設された、
故 石原保先生の記載がオリジナルではないでしょうか。
個人的類推ですが、当時はおそらく農業害虫としての
見地を主体に食草が書かれ、人に歓迎されない
カナムグラやオオブタクサまでは書かなかったかも。
あっ、オオブタクサはもしかしたら記載当時、
日本中に広がっていなかったかも(笑)

* 石原保監修 学研中高生図鑑 昆虫III 1975年 学習研究社
matsumaru
2006/08/19 23:36
情報ありがとうございます。
カナムグラも今度フィールドに出たら、早速探してみますね。
食草と言われる果樹系で、さっぱり見かけないのは、やはり消毒の影響なんでしょうね。
くろねこ
2006/08/20 18:10
初めまして!
スケバハゴロモの幼虫について調べていたら辿り着きました。
うちの家では藤の木で見かけました。
会話しているような写真に一人で笑ってしまいました。
お尻のポワポワがキュートですよね。
キキ
2009/08/06 17:47
キキさま、ありゃ、藤の木にもついていましたか・・・
見つめ合っていると考えて上のようなストーリーを考えましたが、実際は「そこをおどき」「アンタこそ」と睨みあっていただけかもしれません(汗;)(笑)
matsumaru
2009/08/09 09:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
スケバハゴロモの幼虫と成虫 MatsumaLog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる